・なぜすべての歯科医院で手術を受ける事が出来ないのでしょうか?

  「リグロス」は高価な新薬なので、慎重にかつ計画的に導入が進められています。

飲み薬と違い、手術が必要なので術者の技量によって治療結果に大きな差が出ます。

フラップ手術の際に薬(リグロス)を使用するので、正確な歯周外科手術が要求されます。(フラップ手術単独より高度な技術が必要)

 そのためまず全国29の大学病院で治療を開始、現在日本臨床歯周病学会の指導医が在籍する研修施設・歯科医院に開発元が訪問し、リグロス導入を依頼している状況です。

長崎県では長﨑大学病院歯周病科と大串歯科医院の2医院でリグロスの治療を受ける事が可能です。(2016年2月現在)

いずれは一般の歯科医院でも治療を受ける事が出来るようになると思います。

 

参考: 日本臨床歯周病学会会員→日本臨床歯周病学会 約3500人

             認定医→会員中で約250名

             指導医→会員中で97名 (長﨑1名・佐賀県0名)

http://www.jacp.net/general/search/