歯周病の治療の流れ

歯周病の治療の流れ

歯肉炎(軽度)

軽度の方はブラッシングの改善と、簡単なスケーリングで治療します。スケーリングの回数は1~2回程度です。 深く「歯石」が付いている場所があれば検査結果後、改めて深い部分の治療をします。

治療の流れ(治療回数2~8回)
一回目の検査
スケーリング(約2回)
スケーリング終了して約1~2週間後に2回目の検査
必要に応じて悪い部分の深い歯石を取る治療(SRP)へ
歯周炎(重度)

簡単なクリーニング後に、深く「歯石」が付いている場所を治療計画に沿って治療していきます。 歯周病が進行しているため、回復に時間がかかったり、やむを得ず抜歯する場合もあります。

治療の流れ(治療期間、数ヶ月)
一回目の検査
スケーリング(約2回)
スケーリング終了して2週間後に2回目の検査
深い歯石を取る治療へ
再検査
必要に応じて悪い部分の歯ぐきの手術へ

虫歯の治療に比べて時間と根気が、患者様、担当医・スタッフ共に必要な治療になります。 すぐに効果が現れずご心配される事もあると思います。治療に関して、ご質問がありましたらいつでもお尋ね下さい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

歯周病と全身との関係

CTR IMG